目次

世界の空港別の旅客数・貨物・発着数ランキングがバラバラで面白い

1.世界の都市・空港別の旅客数ランキング
国・地域 都市 空港名 空港コード 旅客数
1 アメリカ合衆国 アトランタ ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港 ATL 101,491,106人
2 中国 北京 北京首都国際空港 PEK 86,938,628人
3 アラブ首長国連邦 ドバイ ドバイ国際空港 DXB 78,010,265人
4 アメリカ合衆国 シカゴ シカゴ・オヘア国際空港 ORD 76,949,504人
5 日本 東京 東京国際空港 HND 75,316,718人
6 イギリス ロンドン ロンドン・ヒースロー空港 LHR 74,989,795人
7 アメリカ合衆国 ロサンゼルス ロサンゼルス国際空港 LAX 74,937,004人
8 香港 香港 香港国際空港 HKG 68,203,407人
9 フランス パリ パリ=シャルル・ド・ゴール空港 CDG 65,766,986人
10 アメリカ合衆国 ダラスフォートワース ダラス・フォートワース国際空港 DFW 64,072,468人
11 トルコ イスタンブル アタテュルク国際空港 IST 61,836,781人
12 ドイツ フランクフルト フランクフルト空港 FRA 61,032,022人
13 中国 上海 上海浦東国際空港 PVG 60,053,387人
14 オランダ アムステルダム アムステルダム・スキポール空港 AMS 58,284,864人
15 アメリカ合衆国 ニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際空港 JFK 56,827,154人
16 シンガポール シンガポール シンガポール・チャンギ国際空港 SIN 55,449,000人
17 中国 広州 広州白雲国際空港 CAN 55,201,915人
18 インドネシア ジャカルタ スカルノハッタ国際空港 CGK 54,053,905人
19 アメリカ合衆国 デンバー デンバー国際空港 DEN 54,014,502人
20 タイ バンコク スワンナプーム国際空港 BKK 52,902,110人


2.世界の都市別 貨物量ランキング
国・地域 都市 空港名 空港コード 貨物量(トン)
1 香港 香港 香港国際空港 HKG 4,460,065トン
2 アメリカ合衆国 メンフィス メンフィス国際空港 MEM 4,290,638トン
3 中華人民共和国 上海 上海浦東国際空港 PVG 3,273,732トン
4 アメリカ合衆国 アンカレッジ ティーブンス・アンカレッジ国際空港 ANC 2,630,701トン
5 大韓民国 ソウル 仁川国際空港 ICN 2,595,677トン
6 アラブ首長国連邦 ドバイ ドバイ国際空港 DXB 2,505,507トン
7 アメリカ合衆国 ルイビル ルイビル国際空港 SDF 2,350,656トン
8 日本 東京 成田国際空港 NRT 2,122,314トン
9 フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港 CDG 2,090,795トン
10 ドイツ フランクフルト・アム・マイン フランクフルト空港 FRA 2,076,734トン
11 台湾 台北 台湾桃園国際空港 TPE 2,021,865トン
12 アメリカ合衆国 マイアミ マイアミ国際空港 MIA 2,005,174トン
13 アメリカ合衆国 ロサンゼルス ロサンゼルス国際空港 LAX 1,938,624トン
14 中華人民共和国 北京 北京首都国際空港 PEK 1,889,829トン
15 シンガポール シンガポール シンガポール・チャンギ国際空港 SIN 1,887,000トン
16 オランダ アムステルダム アムステルダム・スキポール空港 AMS 1,655,354トン
17 アメリカ合衆国 シカゴ シカゴ・オヘア国際空港 ORD 1,592,826トン
18 イギリス ロンドン ロンドン・ヒースロー空港 LHR 1,591,637トン
19 中華人民共和国 広州 広州白雲国際空港 CAN 1,537,759トン
20 カタール ドーハ ハマド国際空港 DOH 1,454,952トン


3.世界の都市別 発着回数ランキング
国・地域 都市 空港名 空港コード 発着回数
1 アメリカ合衆国 アトランタ ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港 ATL 882,497回
2 アメリカ合衆国 シカゴ シカゴ・オヘア国際空港 ORD 875,136回
3 アメリカ合衆国 ダラスフォートワース ダラス・フォートワース国際空港 DFW 681,244回
4 アメリカ合衆国 ロサンゼルス ロサンゼルス国際空港 LAX 655,564回
5 中華人民共和国 北京 北京首都国際空港 PEK 590,169回
6 アメリカ合衆国 シャーロット シャーロット・ダグラス国際空港 CLT 543,944回
7 アメリカ合衆国 デンバー デンバー国際空港 DEN 541,213回
8 アメリカ合衆国 ラスベガス マッカラン国際空港 LAS 530,330回
9 アメリカ合衆国 ヒューストン ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港 IAH 502,844回
10 フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港 CDG 475,810回
11 イギリス ロンドン ロンドン・ヒースロー空港 LHR 474,103回
11 フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港 CDG 471,382回
12 ドイツ フランクフルト・アム・マイン フランクフルト空港 FRA 469,026回
13 オランダ アムステルダム アムステルダム・スキポール空港 AMS 465,521回
14 トルコ イスタンブル アタテュルク国際空港 IST 464,865回
15 中国 上海 上海浦東国際空港 PVG 448,213回
16 カナダ トロント トロント・ピアソン国際空港 YYZ 443,958回
17 アメリカ合衆国 フェニックス フェニックス・スカイハーバー国際空港 PHX 440,411回
18 アメリカ合衆国 ニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際空港 JFK 438,897回
19 日本 東京 東京国際空港 HND 438,542回
20 アメリカ合衆国 サンフランシスコ サンフランシスコ国際空港 SFO 429,815回

4.空港の疑問・質問コーナー
Q.免税店は、なぜ「出国」時にだけ利用できるのか?
出国手続きをしたあと、搭乗までの時間つぶしに最適なのが、免税店でのショッピング。商品を税金分、安く購入できるため、出発前にたばこやアルコール類、土産物などを購入してから海外へ出発する人も少なくない。

もちろん、帰国時に免税店が利用できれば、そのほうが好都合といえるが、空港の免税店は、出国エリアだけに設けられていて、帰国のさいには利用できない。これは、関税制度の協議や検討を行なう国際組織・世界税関機構(WCO)で、「免税店での販売は、海外旅行者にかぎる」とされているからである。

わかりやすくいうと、海外旅行者のみ、出国手続きをすませたあと、搭乗までのあいだにかぎって、免税店でのショッピングが許されるというわけ。免税店の店舗が並んでいるエリアは「みなし外国」とされ、税法上、出国手続きをした旅行者は、日本国内にいないことになっているので、日本の税金抜きで物品を購入できるという理屈だ。

また、空港の免税店で購入した物品は、海外で消費することが前提とされているので、購入した免税品を自宅に送りたいと思っても、国内に宅配することはできない。免税品を買って、いったん海外に持ち出し、その後ふたたび日本に持ち込むことになった場合、量が免税範囲を超えていれば、その時点で課税の対象になる。

ただし、日本の税関では酒類なら3本、紙巻きたばこなら200本までは免税の範囲内とされている。たとえば、成田空港の免税店でウイスキーを3本購入して出国し、そのまま日本に持って帰っても、免税の範囲内なので課税されることはない。

この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ページのトップへ戻る