目次

ディスパッチャーは安全に飛ぶためのフライトプランを立てる仕事

1.ディスパッチャーって何をする人?
目的地までの飛行ルートは、一つだけとはかぎりません。その日の天候や風向きによって、北寄りのルートをとったり、南寄りのルートをとったり。飛行する高さも、気象条件や他の旅客機の運航状況などを見ながら最適な高度が選択されます。

こうしてそれぞれの便ごとに、効率よく安全に飛ぶためのフライトプラン(飛行計画)を立てるのが、「ディスパッチャー(運航管理者)」と呼ばれる人たちです。日々のフライトの前には、ディスパッチャーが作成したそのフライトプランをもとに、機長と副操縦士を含めたブリーフィング(話し合い)が行われます。フライト前のブリーフィングは空港にある、エアライン各社のブリーフィングルーム。そこに機長と副操縦士、ディスパッチャーの3人が集まりました。

まずはディスパッチャーから、事前に作成したその日のフライトプランについての説明が行われます。内容は、最新の天候や飛行ルート上の雲の様子、揺れの予測、その飛行高度を選択した理由など。ディスパッチャーから提示された計画書には、目的地までの距離と飛行時間、搭載燃料の量と予測消費量、飛行ルート上の風速などが、すべて数値で簡潔に示されています。

フライトプランは最終的に機長が承認し、書面にサインをすることによって有効となるため、ブリーフィングに向かうそれぞれの眼差しは真剣そのものです。
「話し合いの時点で気象状況が変わったという連絡が入り、当初のプランが若干変更になるケースもあります」とディスパッチャーの一人は言います。「お客さまにより快適なフライトを楽しんでいただくために、もう少し低い高度で飛ぶのがベストという結果になれば、一般に低高度では高高度よりも消費する燃料の量が多くなるため機長から燃料の追加搭載を求められることもあります」

パイロットとのブリーフィングには、別の担当者が出席することもあります。たとえばJALでは、フライトプランの作成は東京・天王洲にある本社内のオペレーション・コントロールセンターで実施。そのため、成田ではオペレーションオフィサーと呼ばれる人たちがブリーフィングを担当しています。

2.天候によっては「欠航」の決断も
そうして担当する便を無事に出発させても、ディスパッチャーの仕事はそれで終わりではありません。
離陸後もディスパッチャーは地上で燃料の消費状況や飛行状態を監視し、無線で最新の気象情報や上空の様子などを確認

なにかあればルートの変更を指示します。フライトが終わるまでは気の抜けない、まさに地上のパイロットともいうべき存在で、旅客機の安全運航はそうした地上での綿密な計画やバックアップがあってこそ可能になるのです。

また旅客機は、強風や豪雨、降雪などの悪天候により、欠航になることもあります。たとえ乗客から苦情が出ようとも、離陸後の安全が保障できないと判断すれば、便の運航を取りやめる決断をくださなければなりません。
飛ぶ、飛ばないは、その便の機長とディスパッチャーの二人で最終的に決めることになります。航空法では、両者が協議し、どちらか一方でも欠航したいと申し出ればフライトを中止しなければならないと定められています。
空港のブリーフィングルームでは毎日、ディスパッチャーとパイロットとの間で、安全なフライトを求める静かで熱い議論が繰り返されています。

3.管理のプロをめざすには
地上から旅客機の運航を支援するディスパッチャーには、国家資格が必要です。
ディスパッチャーになるには、まず総合職として航空会社に入社し、運航管理部門に配属されることが前提になります。そこでディスパッチャー補助者として経験を重ね、必要な知識を習得しながら、国家資格の取得をめざします。試験は航空法、航空工学、ナビゲーション(航法)、気象、施設、通信などの学科試験と実地試験に分かれ、合格率は毎回50%に満たない難関。最近、晴れてその資格試験に合格したひとは、次のように話します。

「学科試験は知識を詰め込めばなんとかパスできますが、そのあとの実地試験では、現役のパイロットなどを相手に天気図の解読や旅客機の運航援助などの技能をきちんと示せなければなりません。航空会社での実務経験が問われることになります」その資格試験にパスし、社内審査に合格すると、プロのディスパッチャーとして旅客機の運航管理の仕事に従事することができるのです。

この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ページのトップへ戻る