目次

空港スタッフとしてインフォメーション業務で働こう

1.空港インフォメーション
空港館内や離発着便の情報を提供する
成田空港や羽田空港など、規模の大きい空港では、館内案内を専門に行うスタッフがいる。ここでは便の出発・到着時間の問い合わせにも応じている。インフォメーション業務は「よろず問い合わせ窓口」だ。施設や便の出発・到着に関する問い合わせが多いが、館内放送をするのも業務のひとつ。中には空港内で待ち合わせをした人と会えず、人探しのための館内放送を依頼してくる旅客もいる。インフォメーション業務のもうひとつの重要な仕事が、電話によるフライトインフォメーションの提供。出発時刻、到着時刻など外部からの旅客の問い合わせに応じるのだ。
そしてさらに、空港によってはインフォメーション・カウンターで旅行障害保険の受付業務を兼任しているところもある。また、成田空港のような国際空港では、外国人のための観光案内デスクを担当するところもある。


空港ビルを運営している企業に就職する
成田空港や関西空港、羽田空港などでは、インフォメーション業務を担当するスタッフを採用している。例えば関西空港では、(関西エアポートエージェンシーがインフォメーション業務である「かんくうアイパル」を採用。成田空港では、空港ターミナルサービスが案内業務を受託し、「CSスタッフ」という名称で成田空港の案内業務スタッフを採用している。

日本でもっとも利用客数の多い羽田空港では、空港ビル会社である日本空港ビルディングがスタッフを募集しているが、こちらのスタッフを採用・派遣しているのは航空業界への派遣に強いTEIだ。
地方空港などの小さい空港では、あえて採用を非公表にしていることもある。縁故採用の可能性も高いので、地元の空港で案内業務をしているスタッフを見かけたおりに、どこヘアプローチすればよいのか尋ねてみるのもいいだろう。

Q インフォメーション業務って、どんな仕事?
成田空港や羽田空港など、規模の大きい空港では、館内案内
を専門に行う女性スタッフがいる。ここでは便の出発・到着時間の問い合わせにも応じている。インフォメーション業務は「よろず問い合わせ窓口」だ。場所や便の出発・到着に関する問い合わせが多いが、館内放送をするのも業務のひとつだ。中には空港内で待ち合わせをした人と会えず、人探しのための館内放送を依頼してくる旅客もいる。

インフォメーション業務のもうひとつの重要な仕事が、電話によるフライトインフォメーションの提供。出発時刻、到着時刻など外部からの旅客の問い合わせに応じるのだ。
そしてさらに、空港によってはインフォメーション・カウンターで旅行障害保険の受付・発券業務も兼任しているところもある。また、成田空港のような国際空港では、外国人のための観光案内デスクを担当するところもある。


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ページのトップへ戻る