目次

1.日本のローカル航空会社(エアーライン)データ一覧表と解説

日本のローカルエアライン
AIRDO
AIRDOは「北海道の翼」として、北海道にこだわった親しみやすいアットホームなサービスを心がけています。機内のドリンクサービスでは北見産タマネギを使用したオニオンスープや、札幌の人気コーヒー店「サッポロ珈琲館」のオリジナルブレンドコーヒーなどを提供、ビールやワインの有料メニューも北海道限定のものをご用意していますので、空の上でも北海道を満喫していただけます。また機内で販売している当社のマスコットキャラクター、ベア・ドゥをあしらったオリジナルグッズなどは、ご家族やご友人へのお土産として大変ご好評をいただいております。さらにホームページでは「東京発。大人を誘う、美食飛行。」と題した函館や道南をクローズアップした特集を組んでおり、飛行機に乗ってでも食べにいく価値のある旬の食材と、地元がおすすめするおいしい食べ方やお店、近隣の街情報など、極上の旅の情報を季節ごとに発信しています。

プロファイル
北海道の地域経済への貢献と、低価格航空輸送サービスの実現を理念に掲げ・1996年に設立。1998年の東京・羽田~札幌・新千歳線を皮切りに羽田と道内各地、新千歳と本州各地を結ぶ路線を運航している。2013年より札幌~神戸線を新たに就航した。
データ
本社所在地/北海道札幌市
創立年/1996年
社員数/918名
一日の運航便数/68便
運航路線/東京~札幌・旭川・函館・帯広・釧路・札幌~仙台・新潟・福島・女満別・神戸など計13路線



北海道エアシステム
北海道エアシステムは北海道民の翼として道内各地に就航しています。機内では社員手作りのオリジナル機内誌「FLYHAC」が楽しめる_ほか、ご要望に応じて温かいお茶や冷茶ミネラルウォーター、キャンディなども用意。また低い高度を巡航航するため、雄大な北海道の景色を眺めながらのフライトが楽しめるのも特徴です。春から夏にかけては札幌から約60分で到着する利尻島や礼文島への旅がおすすめ。自然が織りなす数々の絶景のスポットに出会えます。

プロファイル
札幌・丘珠空港を拠点に道内各地へ就航しているリージョナル航空会社。丘珠から函館へは一日5~6往復、釧路へは4往復、丘珠~利尻、函館~奥尻はそれぞれ1往復で運航。2013年には新たに丘珠~三沢(八戸)問の路線も開設した。

データ
本社所在地/北海道札幌市
創立年/1997年
社員数/97名
一日の運航便数/最大26便
運航路線/丘珠(札幌)~函館・釧路・利尻・函館~奥尻の計4路線

IBEXエアラインズ
IBEX工アラインズは、活気が失われがちな地方都市経済の活性化に貢献することを理念に誕生した航空会社です。ご利用いただくお客さまはビジネスユースが多く、移動中は機内でおくつろぎいただけるよう、「UCC上島珈琲」と共同開発した香り高いオリジナルブレンド(ニューヨークの環境保護団体「レインフォレスト・アライアンス」が承認した農園のコーヒー豆を30%採用した、人と環境に配慮したコーヒー)をご用意しております。また、全席革張りシートで高級感のあるワンランク上の空間を演出し、ご搭乗をお待ちしております

プロファイル
成田空港伊丹空港、中部国際空港、仙台空港、福岡空港と地方都市間を結ぶ航空会社。ヨーロッパ・アルプスなどの山岳地帯に生息する山羊「アイベックス」が名前の由来で、2000年から運航している。

データ
本社所在地/東京都江東区
創立年/1999年
社員数/324名
一日の運航便数/54便
運航路線/成田~小松・広島・伊丹~札幌・仙台・福島・福岡・中部~仙台・福岡・大分など計17路線

フジドリームエアラインズ(FDA)
フジドリームエアラインズ(FDA)が運航するエンブラエル170/175は、同クラスの中では圧倒的に広い客宰空間が自慢で、全幅2・74mのキャビンにはシートが2+2の4列、通路の天井高は余裕のある2mを確保しています。滑らかな手触りのソフトレザーシートは座席の間隔が79cmもあるので、足をゆったりと伸ばすことができ、快適な空の旅をお楽しみいただけます。機内サービスでは、静岡茶をはじめ、お飲みものやお茶菓子、新聞などをすべて無料でご用意しております。また、早朝便限定モーニングクロワッサンのサービスも実施しており、多彩な機内サービスでお客さまをおもてなしいたします。また、FDAの注目ポイントは鮮やかな機体のカラーリング。レッド、ライトブルー、ピンク、グリーン、オレンジ、パープル、イエロー、ティーグリーンと、-機ごとに異なるマルチカラーコンセプトを採用しておりますので、「今日は何色の飛行機だろう?」と毎回の搭乗が楽しみになるのもFDAならではの魅力のひとつです

プロファイル
富士山静岡空港、名古屋小牧空港、信州まつもと空港を拠点に、12都市を結ぶリージョナルエアライン。今年3月にFDA第3の東北路線となる名古屋小牧~山形線を新設し、8機13路線を運航。9号機を来年3月に導入予定。

データ
本社所在地/静岡県静岡市
創立年/2008年
社員数/約350名
一日の運航便数/48便
運航路線/名古屋小牧~青森・福岡・熊本・高知・山形・静岡~札幌・福岡・鹿児島など計13路線

新中央航空
新中央航空は東京と東京の島々を結ぶ空のかけ橋として、東京・調布から伊豆大島、新島、神津島、三宅島へ毎日3~4往復運航しています。全機ドルニエ社製228-212型で運航、飛行高度が1000~2000m前後で、ほとんどの席が窓側に位置しているので、お客さま全員カガ景色を楽しむことができます。どの島も飛行時間は30~40分ほど、例えば新宿からなら1時間ちょっとで各島に到着します。夏の観光シーズンには渋滞のなか何時間もかけてビーチに向かうより、飛行機を利用して東京から一番近い海に出かけてみませんか

プロファイル
l978年12月に設立された東京・調布と伊豆大島、新島、神津島、三宅島を結ぶ路線を運航している航空会社。全機ドルニエ社製228-212型で運航。利用者の安全、快適を確保し、離島生活路線の維持、向上に努めている。
データ
本社所在地/茨城県竜ケ崎市
創立年/1978年
社員数/73名
一日の運航便数/13便
運航路線/調布~伊豆大島・新島・神津島・三宅島の計4路線

ソラシドエア
ソラシドエアは九州・沖縄にこだわったネットワークと機内サービスで、地域に根ざしたローカルエアラインを目指しています。特に2011年のブランド刷新以降に導入しているボーイング737-800型機の機内は、九州の自然をコンセプトにした落ち着いたデザインのインテリアと、平均約81cmと国内線普通席ではトップクラスのシートピッチで、空の旅をゆっくりとおくつろぎいただけます。また、機内サービスでは九州産のアゴ(トビウオ)のだしを使ったスープをご提供、機内販売も地元企業とのコラボ商品や、地域特産品を使用したオリジナル商品をご用意しております。
これからの季節の九州は海や山のレジャーがおすすめです。なかでも宮崎はサーフィンが有名ですが、春から夏にかけては特にゴルフが爽快です。コースで汗を流した後は、地鶏や日本一になった宮崎牛などの絶品グルメをつまみながら、芋焼酎をお楽しみいただき、九州の魅力を存分に満喫してください

プロファイル
ソラシドエアのブランド名で運航している、昨年10周年を迎えた航空会社。「九州・沖縄の翼」として東京(羽田)~九州を結び、また九州~沖縄にも運航。2013年より、神戸~沖縄問を新路線として就航。
データ
本社所在地/宮崎県宮崎市
創立年/1997年
社員数/686名
一日の運航便数/56便
運航路線/羽田~宮崎・熊本・鹿児島・長崎・大分・沖縄(那覇)~神戸・宮崎・鹿児島の計8路線

オリエンタルエアブリッジ
オリエンタルエアブリッジは、国内では当社のみというカナダ・ボンバルディア社製DHC-8-201型機で、長崎を拠点に壱岐(いき)、対馬(つしま)、五島といった県内の離島を結んでいます。シートピッチは広々サイズの31インチ(約79cm)。高翼機で眼下の視界をさえぎらないので窓からの眺めも抜群で、リピーターが多いのが特徴です。また機内サービスでは、クリスマスやバレンタインデーなどのイベントごとにお客さまへチョコレートなどのサービスを実施するなど、きめ細やかでアットホームなサービスを心がけています

プロファイル
長崎航空として1961年に設立。長崎を拠点に、県内の離島を結ぶ航空会社として、年間約17万人に利用されている。2001年に商号を現在の社名に変更。2009年からは全便をANAとのコードシェア便として運航している。

データ
本社所在地/長崎県大村市
創立年/1961年
社員数/84名
一日の運航便数/22~24便
運行路線/長崎~壱岐・五島福江・対馬福岡~五島福江の計4路線

天草エアライン
天草エアラインでは、BSフジの「小山薫堂・東京会議」で公募したデザインのなかから選ばれた、親子イルカの機体がデビューしました。
名前は親イルカが「みぞか」、子どもイルカが「かいくん」と「はるちゃん」。両翼に子どものイルカを従え、九州の空を中心に毎日運航しております。そのかわいさに思わず笑みがこぼれること間違いなしです。機内サービスは、ローカル路線ならではのCA手作りのルートマップ、大阪線では地元のお菓子やみかんジュース、季節によっては果実のポンカンをご提供させていただいております

プロファイル
2000年に就航を開始した、天草のコミューターエアライン。天草空港を拠点に福岡と熊本、そして熊本~大阪問を39人乗りのプロペラ機1機で運航している。機体にイルカをデザインした親子イルカ号が活躍中。

データ
本社所在地/熊本県天草市
創立年/1998年
社員数/54名
一日の運航便数/10便
運航路線/天草~福岡、天草~熊本、熊本~大阪の計3路線

スターフライヤー
スターフライヤーの機体は、世界的に珍しい黒い機体です。機内インテリアも黒と白のモノトーンで統一し、落ち着きと高級感のある空間を提供しています。
シートは高級感漂う革張りのシートを採用、高さや左右の角度をお好みに合わせて調節できるヘッドレストとフットレスト付きで、あえて座席数も減らしシートピッチを国内トップクラスの平均91cmまで広げました。また、タッチパネル式液晶モニターも全席に設置しており、音楽やビデオなどの20チャンネルの番組で、フライト中も退屈することなくお過ごしいただけます。さらに無料のドリンクサービスも「タリーズのオリジナルコーヒーを機内でドリッフ。するなど、厳選したものを提供しております。おかげさまで、JCSI(日本版顧客満足度調査)の国内航空業界で5年連続1位の評価をいただくことができました。これからもお客さまに価値で選んでいただき、満足される航空会社となるよう努力してまいります

プロファイル
ライト兄弟の初飛行からちょうど100年目にあたる2002年12月17日に設立。24時間空港の北九州をベースに、運賃は低く抑えつつサービスはより高くする「ハイブリッド・エアライン」がビジネスモデルになっている。

データ
本社所在地/福岡県北九州市
創立年/2002年
社員数/約604名
一日の運航便数/58便
運航路線/北九州・福岡・関西~羽田、北九州~釜山の計4路線

第一航空
第一航空は2009年に就航を開始し今年で丸5年を迎えた、沖縄本島と離島を結ぶ、島民の足として運航している航空会社です。有視界飛行方式による旅客輸送で、那覇~粟国線は1日2往復、那覇~沖永良部線は一日1往復。沖永良部~徳之島線は月・水・金・土で、1日1往復を運航しています。日本で一番小さな9人乗りの旅客機、通称アイランダーを使用しているので、機内サービスなどはありませんが、機長との距離も近く、大型旅客機では味わえないいつもと違ったフライトが楽しめるのも小型機ならではの醍醐味です

プロファイル
大阪・八尾空港を拠点に、小型航空機やヘリコプターでのチャーター飛行、遊覧飛行、操縦訓練、航空写真撮影などの事業を行っている航空会社。
2009年からは沖縄本島と離島を結ぶ路線もスタートし、現在4路線を運航している。

データ
本社所在地/大阪府八尾市
創立年/1966年
社員数/54名
一日の運航便数/8~12便
運航路線/那覇~粟国・沖永良部・徳之島、沖永良部~徳之島の計4路線

ANAウイングス
北海道から沖縄・石垣まで日本国内の主要都市を網羅しているANAウイングスでは、当社が運航する初めての新造機として、従来のブルーのカラーリングから一新した、若葉をイメージさせるグリーンの特別塗装機『エコボン』を2010年11月から就航しております。本機はCO2削減・騒音低減といった環境性能に優れており、また主翼が高翼配置であるため、視界がさえぎられることがなく、空からの景色を存分に楽しむことができます。現在3機の『エコボン』が主に伊丹・名古屋・福岡・札幌を基点とした各路線で活躍しています

プロファイル
2010年10月、ANAグループの航空運送事業会社3社が統合して誕生。現在、ANAグループ全体の国内線運航便数の約30%を超え、存在感がますます高まっている。プロペラ機と小型ジェット機で、北海道から沖縄や石垣までの日本全国を運航している。

データ
本社所在地/東京都大田区
創立年/2010年
社員数/1148名
一日の運航便数/270便
運航路線/伊丹~秋田・仙台、中部~女満別・新千歳、福岡~新潟・成田、新千歳~稚内など計65路線

日本エアコミューター
今年30周年を迎える日本エアコミューターは、西日本各地と鹿児島県内の離島を結ぶ、地域密着型の航空会社として多くのお客さまに親しまれています。
74人乗りのDHC-8-400(Q400)型機と36人乗りのSAAB340B型機の2機種で運航しており、なかでもQ400は翼が上方にあるので、全席から眼下の景色が存分にお楽しみいただけます。鹿児島から離島へ向かう路線は噴煙をあげる桜島をはじめ、世界自然遺産の屋久島、独特の色彩の海面に囲まれた硫黄島、かわいいハート型をした宝島など上空からの景色も自慢です。また、奄美群島間の路線も運航しておりますので、奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島といった島々を巡るバリエーション豊かな旅もおすすめです。機内では客室乗務員が企画・デザインしたルートマップやポストカードをお配りしたり、季節ごとの鹿児島や奄美大島の特産品でサービスさせていただくなど、アットホームで親しみやすいおもてなしを心がけています。

プロファイル
l983年に鹿児島県奄美群島市町村の出資を得て設立された航空会社。2機種の小型機22機で鹿児島県内の離島の生活路線を支えながら、大阪、福岡、松山、出雲などの西日本の地方空港を結ぶ路線で、年間170万人以上に利用されている。

データ
本社所在地/鹿児島県霧島市
創立年/1983年
社員数/564名
一日の運航便数/159便
運航路線/大阪~種子島、大阪~屋久島、福岡~屋久島、鹿児島~徳之島、大阪~宮崎など計28路線

日本トランスオーシャン航空
日本トランスオーシャン航空は、沖縄美ら海水族館とのタイアップにより生まれた「ジンベエジェット」を運航しています。機体いっぱいにジンベエザメ、下部にはコバンザメが描かれた人気の塗装機です。そして2013年3月には、南西航空時代の塗装を施した特別塗装機SWAL(スワル)ジェットを就航させ、沖縄地域への誘客に取り組んでいます。また、機内誌Coralway(コーラルウェイ)では、沖縄と周辺離島の情報を色鮮やかな写真とともに紹介しており、機内で-足先に南国気分を味わえると好評です

プロファイル
l967年、南西航空として誕生し、1993年に社名を日本トランスオーシャン航空に変更。那覇空港を拠点に沖縄県内と全国各地を結ぶ全11路線を運航。「うちなー(沖縄)の翼」として沖縄の魅力を全国に発信している。

データ
封土所在地/沖縄県那覇市
創立年/1967年
社員数/793名
一日の運航便数/約70便
運航路線/羽田~石垣・宮古、関西~石垣・那覇、中部国際~那覇、福岡~那覇など計11路線


琉球エアーコミューター
琉球エアーコミューターのDHC-8は、機体上部に翼がありジェット機よりも低い高度で飛行するので、島々や海がよく見渡せ、観光や地元のお客さまにもご好評をいただいております。また機内では、副操縦士が考案したDHC-8の飛行機の形になる折り紙や、沖縄各地の方言を紹介した客室乗務員手作りのパンフレットをご用意しております。これからの季節は、那覇から直行便で約1時間40分で行ける与那国島がおすすめです。晴れて澄んだ日には台湾を望むことができます。日本最西端の楽園・与那国島へぜひお越しください

プロファイル
l985年12月24日に設立した、沖縄・那覇空港を拠点に、県内外の島々を結ぶJAL・JTAグループのコミューターエアライン。一日に12路線、41便の定期運航のほかに、島々を結ぶチャーター便も冬場を中心に運航している。

データ
本社所在地/沖縄県那覇市
創立年/1985年
社員数/100名
一日の運航便数/41便
運航路線/那覇~久米島・宮古・石垣・与那国、石垣~宮古・与那国、宮古~多良間など計12路線

この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ページのトップへ戻る