目次

国産ジェット機が再び世界の空を舞う日

2年に一度開催される世界最大規模の航空・宇宙技術の祭典 「パリ航空ショー」。
2007 年のこのショーでは、世界中から連日12万人を超すファンたちが会場に詰めかけました。そんなファンたちの注目を集めていた展示の一つが、三菱重工業の国産小型ジェット旅客機「MRJ (ミツビシリージョナルジェット)」です。

MRJは2003年に研究がスタートし、2013年の就航をめざして現在着々と開発が進行中。ショー会場に展示されたのは、その客室を再現したモックアップ(原寸大模型)でした。

1.客室を再現したモックアップに注目
MRJは座席数が70席前後と90席前後の2種類があり、リージョナル機としては初めて主翼や尾翼に複合材を本格的に採用。新型エンジンの搭載や最先端の空力設計などを取り入れ、燃料効率も従来機に比べて大幅にアップします。2007 年のパリ航空ショーでのお披露目は、三菱重工業が経済産業省の支援を得て実現しました。

もっとも、MRJ が本当に離陸できるかどうかは、その時点ではまだ未定でした。3000 億円とも4000億円ともいわれる総事業費をどう捻出するか、それだけのコストをかけて果たして採算はとれるのかなど、実現までの問題は山積。パリ航空ショーでの展示終了後も、三菱重工業は自社のホームページにMRJ専用のサイトを立ち上げるなど、PR活動に余念がありません。

「絶対に実現してほしいですね。日本の技術力をもう一度世界に知らしめるチャンスだとも思いますので」
成田からパリ航空ショーに向かう視察団のエンジニアたちも、口々にそう話していました。日本のファンたちの期待の大きさがうかがえますね。

1965年に就航した国産プロペラ旅客機「YS-1」が惜しまれつつも日本の空から退役したのは、その前の年(2006 年) の9月でした。メイドインジャパンの最新鋭シップが再び世界の空で活躍する姿を、近い将来、私たちは目にすることができるのでしょうか?

2.YS以来、40年ぶりの国産復活なるか
2008年に入って、そのMRJ を取り巻く動きがにわかに活発化してきました。
三菱重工業は07年10月にATO(正式客先提案)を決定し、国内外のエアライン各社に向けての販売活動を意欲的に続けてきました。そんな中でまず入ってきたのが、MRJプロジェクトにトヨタ自動車が参画の意向を示しているというニュース。

その後、ANAの山元峯生社長が記者団との会見で「MRJ購入の検討に入った」と明らかにし、08年3月27日に25機( 仮発注10機を含む)の購入を決定しました。JALも同様に、導入に意欲を見せています。

08年3月末に三菱重工業はいよいよ本格的な事業化に乗り出すことを発表。4月1日よりMRJ事業を担う新会社「三菱航空機株式会社」においてMRJの開発を加速させるとともに、世界各国のエアラインヘの販売活動をいっそう強力に推し進めていく方針を伝えました。

最新鋭の高効率エンジンを供給するプラットーアンドーホイットニー社のほか、油圧システムを担当するパーカー・エアロスペース社、電源や空調などを受け持つミルトンーサンドストランド社、降着システムを供給する住友精密工業などの各社が主要なパートナーとしてMRJプロジェクトに参画することも決まっています。

小型ジェット機は今後20年間で世界で5000機程度の需要が見込まれる成長分野です。現在までのところカナダやブラジルの航空機メーカーが先行していますが、原油価格の高騰が続く時代だけに、日本のオリジナル技術で実現する低燃費性をどこまでアピールできるかが今後のカギになりそうです。多くの人たちに愛されたYS以来、40年ぶりの復活をめざす国産旅客機MRJを、ファンの一人として応援していきましょう。

この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ページのトップへ戻る