目次

空港がアミューズメント化して複合施設になっている

1.空港がアミューズメント化して複合施設になっている

現在、空港は単なる飛行機の乗り場ではなく、飛行機利用者はもちろん、空港自体を目的に来られた方も楽しめるように、アミューズメント化しています。

ショッピング街は充実しており、今流行りのブランドが軒を連ね、空港限定アイテムも多数あります。また、国際空港では、免税店がある、という大きな魅力があります。

飲食店に関しても、日本や海外の有名店を、多く取り入れています。ご当地グルメや、空港限定のグルメを用意し、お客様を楽しませています。お土産店では、仕入れ目面での空港の利点を活かし、日本各地の名産を取り揃えているお店もあります。

建物は近代化し、各空港の特徴が表れています。海外の方でも楽しめるように、日本の文化を取り入れたものは、日本人にも人気です。

空港はショッピング、グルメはもちろん、空港にしかない展望を楽しめ、その開放感は、他にはない魅力です。

2. 空港の魅力は、免税店が豊富であり、市中に無い商品を購入できること、荷物を預けることができるロッカーがあるため、手ぶらで、ゆっくり休めること、カジノやショッピングが充実していること、一般客が利用できるラウンジが多いので、乗り継ぎや、待ち時間を飽きることなく過ごせる空港が多いことなどです。

また、空港内のサインが見やすく、わかりやすい案内板が設置されていたり、動きやすいターミナルであったり、空港の地図や案内モニターがあり、フライトによっては、離着前にターミナルを知ることができたり魅力がでてきました。

また、アライアンスごとに同ターミナルを使用していることが多かったり、同一アライアンスだと乗り継ぎなどに便利です。空港には、レストランが豊富にあり、その地域の特定メニューを味わえることができることも空港の魅力の一つです。市街地から交通の便もよくなってきたので、アクセスに便利な空港が増えていますので、短時間で目的地に行きたい人は、空港は是非必要です。

一般に飛行機は交通手段の一つですが、定期的に飛行機に乗らない人にとっては非日常の乗り物になるでしょう。空港はその飛行機が発着する駅のようなものです。

空港が電車の駅と違うところはレストラン、土産物屋、展望デッキ、マッサージ、コンビニ、病院、郵便局や銀行などさまざまな施設がそろっており一つの複合アミューズメントを形成している点です。

これらの施設は搭乗旅客のためだけに提供されているわけではありません。空港にはいろいろな目的を持った人が集う場所だからです。例えば到着する乗客を出迎えに来た人、また見送りの人、空港のレストランに食事に来た人、飛行機を見に来た人などです。

空港の魅力はそのようないろいろな想いを持った人が集まる国の玄関口の一つであることです。そして普段味わえないような非日常や多くの外国人も行き交っていて空港は電車の駅という位置づけとは異なることがわかるでしょう。

また、飛行機を間近で見ると改めて鉄の塊が飛ぶ姿は近代の大発明の一つであると実感させられます。それを安全に運航するためパイロットや空港職員など多くの従業員が関わっているのが見えます。また表には見えない部分で働いている人もいるでしょう。空港は安全面にも配慮された特別な空間であると言えます。


3.免税店はなぜ無税で買い物ができる
チェックインを済ませ、保安検査や出国審査を抜けたあとは、出発前に高級ウイスキーやたばこを買っている人たちをよく見かける。空港の免税ショップなら税金がかからないため、安く買えるからだ。

空港で出国審査を終えてから目的国の空港で入国手続きをするまでのエリアは、税法上どの国にも属さない。いわゆるみなし外国である。お酒にかかる「酒税」やたばこにかかる「たばこ税」は、外国人が外国で消費する場合は払う必要がないもの。

海外の高級ブランド品などもまだ日本国内に輸入されていない状態なので「関税」がかからない。免税店では、それらの商品を購入して海外に持ち出すことを条件に、税金のかからない安い価格での買い物が可能になる。

各国の国際空港では、出国審査場を抜けてから搭乗ゲートへ向かうエリアに一大ショッピングゾーンが誕生。「DUTYFREE」や「TAXFREE」といった看板を掲げ、税抜き価格の商品を陳列した免税ショップが続々とオープンするようになった。現在は多くの旅行者にとって、この特別なエリアだけで楽しめる特別なショッピングが海外旅行の重要なアイテムのひとつになっている。国際線を利用すると、フライト中の機内で免税品が販売されるが、これも免税店の一種と考えていい。

免税扱いの商品は当然、日本国内の自宅などに配送することはできないし、日本に持ちこむさいには税金がかかってくる。ただし海外旅行者には「個人的に使用すると認められるものに限り、ある一定範囲で免税になる」という決まりがある。免税範囲は、たばこ(紙巻き)が200本まで、酒類(1本760ミリリットル程度のもの)が3本まで、香水が2オンス(1オンスは28ミリリットル)まで。そのほかの品目についても海外での市価の合計額が20万円以内であれば税金は免除される。

この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!

ページのトップへ戻る