目次

新千歳空港のターミナルは1日いても飽きない!その魅力に迫る

新千歳空港のターミナルはグルメで美味しい名産を食べれる

1.新千歳空港の概要について
メインビルの1階は到着フロア。国際線を含めた全エアラインの到着口があり、新千歳に降り立った乗客は、みんなここに第一歩をしるすことになる。だが、到着ロビーに北海道らしさを感じさせる演出はほとんどない。北側の国際線到着口の前には外貨両替所がある。反対側のJAL B到着口近くには三井アーバンホテル、診療所、薬底などがある。

ここからセンタービル1階に行くには、一度2階に上がってバス・タクシー専用レーンの上を越えなければならない。

広々としたみやげもの店に観光客らの熱気がうずまく
北海道は国内では珍しいほど交通における航空機への依存度が高い地域。その玄関口である新千歳空港は年間の乗降客数が約1800万人以上、1日に約5万人もの人々が乗り降りするという大規模空港だ。

空港名になっているのは所在地の千歳だが、到着した人の大半が目指すのは札幌。都市を示す3レターコードも札幌の略でSPKとなる(空港コードはCTS)。ここは北海道の玄関口であると同時に、180万人都市・札幌の玄関口でもある。

この地に飛行場が作られたのは80年ほど前。地元の人たちが切り拓いた滑走路に北海1号が降り立ったのが始まりだという。その後、旧海軍の基地となり、戦後は米軍の管理下に。1951年には米軍管理のまま民間機も乗り入れるようになった。
米軍からの返還後、防衛庁が管轄する千歳空港として運用されてきたが、88年に民間機専用滑走路が完成。

92年には現在のターミナルができ、新千歳空港に生まれ変わった。
この空港の特徴はやはり広大さ。広々とした北海道の土地を生かし、3000m滑走路が2本並行してある。隣接してさらにもう2本の自衛隊用もあるから、上空から見ると4本の滑走路が並び、まさに壮観。米国の大空港のようだ。

ターミナルビルも、その壮大さに合わせてなかなかスケールが大きい。ドーナツを半分に割ったようなビルのなかに出発や到着に必要な設備や、利用客が快適に過ごすための施設がぎっしりと詰まっている。

なかでもにぎわいをみせるのが出発フロアにあたる2階。センタープラザの周囲に様々なショップがひしめき合い、一つのショッピングアーケードを形作っている。かに、鮭、松前漬、ジャガイモ、パター、ラーメン。トラピストクッキーにバター飴、ホワイトチョコに「白い恋人」。

木彫の熊、アイヌ人形。人があふれる通路には店員の声がこだまして、その気がなくてもついつい買い込んでしまう。
ここに飛んでくるエアラインは国内便が日本航空、全日空、エアドゥをはじめとする会社。海外便は大韓、コンチネンタル、中国南方、中国東方、サハリン、キャセイパシフィックなどがある。国際線就航都市は極東地域が中心だが、ロシア・サハリン州の州都、ユジノサハリンスクが入っているところに土地柄を感じさせる。



2.新千歳空港のターミナルビルは一日居ても飽きない
展望デッキは冬期間を除き一般に開放されていますので。のんびり離発着機を眺める事が出来ます。便数が多いので退屈する事はありません。

国内便ばかりじゃなく外国の飛行機も見る事が出来るので航空機ファンには止められないスポットです。航空機の管制は自衛隊が担当しており、自衛隊専用の滑走路があります。運が良ければ、政府専用機やF16戦闘機及び大型輸送機を見る事も出来ますし遠くには樽前山を望むことも出来ます。

たとえば「食」という角度から見てみましょう。「美味食材の宝庫」ともいえる北海道の空の玄関口「新千歳空港」では海鮮、ジンギスカン、スープカレーなど、それぞれ現地の名店などが出店しており空港内だけで北海道の「食」を楽しめます。

ターミナルビルの中には食事するスペースが広く、和食・洋食及び中華などレパートリも多いので好きな物を食べる事が出来ます。特に北海道各地の有名ラーメン店が12店舗も軒を並べるラーメン横丁は人気があり、ちょっと寄ってみたい感じがします。

また、「ドラエもんわくわくスカイパーク」や「ソラシネマちとせ」があり、デジタル航空機博物館では飛行機の歴史や変遷、及びいろいろな情報を得たり航空機の操縦体験も出来るので家族ずれで楽しむ事ができます。
帰りには新千歳限定品のお土産が多く用意されていますのでとても楽しむ事が出来ます。



3.新千歳空港の空弁
北海道といえばグルメです。新千歳空港の空弁が美味しそうな弁当ばかりで、選ぶのに迷ってしまうでしょう。鮭・イクラ弁当・カニ飯弁当・ウニ弁当・北海ちらし弁当・森駅名物イカ飯等あります。機内やラウンジのどこで食べても美味しいです。

後、北海道名産の山わさびも売っています。すりおろして醤油漬けにして食べますが辛さが癖になるとても美味しい事は知っているのですが、5cm程度の物が1000円くらいです。

もう一つのお勧めは、出発時刻を午後にして、午前中に、空港駅の近くの恵庭駅で下車すると札幌ビール園で生ビール片手にジンギスカンを食べから新千歳空港に向かう事もお勧めです。


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ページのトップへ戻る