目次

LCCのサービスは大手と違いシンプル!必要な場合は購入する

1.シンプルに徹したサービス
客室乗務員の数も少なめ
使用する運航機材や飛行の所要時間などには、LCCと在来大手との差がない。短距離路線ではLCCも在来大手もボーイング737シリーズやエアバスA320シリーズが主役として活躍しているし、フライト時間については、例えば関西~クアラルンプールではLCCのエアアジアが6時間45分、在来大手のマレーシア航空が7時間05分と、使用する機材によりLCCのほうが短いケースもある。また新造機を大量発注する傾向のある大手のLCCなどでは、機齢が若い(機材の平均使用年数が新しい)ことが多い。

LCCと在来大手との違いがはっきり表れるのは、運賃と並んで機内のプロダクトとサービスである。 一般的にLCCは機内のサービスを必要最小限に抑えることでコストを削減し、低運賃を実現する原資のひとつとしている。

したがって、座席の仕様はシンプルだ。シートビッチは狭いし、リクライエング機能のない場合さえある。より多くの乗客を運べるよう、座席数を可能な限り増やすのが本来のLCCのやり方なのである。機内食はほとんどの場合提供されないし、軽食程度のものが用意される場合も有料で購入するのが一般的だ。飲み物も多くの場合、有料のサービスとなる。さらに、日本未就航の一部の海外LCCを除いて、個人用モニターは設置されていない。

日本発着の一部のLCCは機内エンターテインメントとして携帯型のポータブルメディアプレーヤーを用意しているが、原則としてこれも有料のサービスである。在来大手では無料でサービスされるブランケットや枕などのアメニティも、LCCでは基本的に有料のサービスとなる。

エコノミークラスでもすべて無料で提供される在来大手のサービスに慣れていると、最初は戸惑うかもしれない。またヒューマンサービスにおいても、サービスに定評のある一部の在来大手のようなきめ細かい対応はまず期待できないだろう。 

一般的にLCCは手のかかるミールサービスを提供しないことなどから、1機あたりの客室乗務員の数を最小限に抑えることができる。結果として、一人のクルーが担当する乗客の数が多くなり、安全面以外では手が回らないこともある。とはいえ、在来大手とのサービスの違いを理解していれば、LCCでも気分よく旅することは十分に可能である。

2.必要に応じてサービスを購入
事前予約なら割引されるケースも
安全面以外の運航にかかわるコストをできるだけ削って、低運賃を実現するのがLCCのやり方。多くの場合、機内のサービスもミニマムに抑えられている。

海外旅行の機内の楽しみであるミールサービスも例外ではなく、世界的に見るとほとんどの場合は有料でのサービスとなる。新幹線の車内販売のように、必要に応じて希望者だけが食事や飲み物を購入するのである。 

一般的にはシートポケットにメニューカード(機内誌にメニューを掲載している航空会社もある)が入っていて、写真を見ながらアイテムを選ぶ。機内食といっても、在来大手の長距離路線のようにエコノミークラスでもトレイの上に何種類もの皿が並ぶことはまずなく、パック入りのシンプルなお弁当のような料理が一般的だ。飲み物は、日本発着便ではソフトドリンク中心のラインナップである。

一方、欧米のLCCでは、エアベルリンのようにアルコール類の有料サービスが充実しているところもある。
エアアジアの日本路線の機内食は通常4種類から選べる。在庫があれば機内でも購入できるが、数が限られるので、希望者はオンライン予約の際に申し込むほうが無難だろう。

加えて、同社ではオンラインで事前予約すると、最大で約15%の割引が受けられるメリットもある。ちなみにエアアジアのメニューは路線ごとに原則として2か月単位で入れ替わる。

2012年1月時点の羽田発便では、マレーシア料理、多国籍料理(インターナショナル料理)、ベジタリアン料理、お子さま料理、サンドイッチのオプションがオンライン予約の際に表示され、好みのメニューが選べるようになっていた。サンドイッチ以外の各料理は一律900円で、ペットボトル入りのミネラルウォーター1本は無料でサービスされる。

日本発の多国籍料理では、通常は和食のお弁当が用意される。スナック類やソフトドリンクも品揃えが多めで、アルコール類もビールやワインなどが注文できる。

在来大手ではアルコール類を含めて基本的に何でも無料でサービスされるので、初めてLCCを利用するときは、国際線で飲み物を有料で購入するのに違和感を覚えるかもしれない。だが、乗客の中には大の左党もいれば、体質的にアルコールは一滴も飲めないという人もいる。

考えてみると、必要なサービスを必要な人だけが有料で受けるというLCCのシステムは、リーズナブルではないだろうか。機内食にしても同じで、在来大手のエコノミークラスのように、好き嫌いが少なそうな最大公約数的なメニューを一律に食べさせられるよりは、空港で好みの弁当などを買って機内に持ち込むほうが気がきいている、と感じる旅行フアンは意外に多いかもしれない。

毛布などのアメニティや機内エンターテインメントも、LCCでは一般的に有料のサービスとなる。例えばジェットスター航空は、ブランケットなどをセットしたアメニティキットや機内エンターテインメント用のヘッドセットなどを必要に応じて購入するシステムだ。事前に各社のウェブサイトでサービス内容をチェックし、必要なものだけを事前予約すればいいのである。


この記事を見た人は、一緒にこんな記事も読んでいます!


ページのトップへ戻る